要旨
「モルモットに経口摂取されたビタミンC、L-システイン、ビタミンEの併用による色素沈着抑制効果」

ビタミンC(アスコルビン酸)、L-システインおよびビタミンE(コハク酸 d-α-トコフェロール)の併用による色素沈着抑制効果を、褐色モルモットに経口摂取して検討した。背部を除毛後、紫外線(UV-B)を照射した褐色モルモットの皮膚色はメラニン色素の沈着によりL*値(明度)が低下したが、ビタミンC単独摂取ではL*値の上昇傾向を示し、ビタミンCとL-システインの併用またはビタミンC、L-システインとビタミンEを併用することにより、紫外線照射によるL*値の低下はいずれも有意に抑制された。紫外線照射部の表皮ではDOPA反応陽性のメラノサイト数が増加したが、ビタミンCとL-システインの併用またはビタミンC、L-システインとビタミンEの併用では、対象群に比べて有意に減少した。L*値の低下抑制効果およびDOPA反応陽性メラノサイト数増加の抑制効果の程度は、いずれも(ビタミンC+L-システイン+ビタミンE群)>(ビタミンC+L-システイン群)>ビタミンC群であった。以上の結果から、ビタミンやシステインを組み合わせることによって、経口摂取によってもUV照射によるメラニンの沈着を抑制できることがわかった。

このページの先頭へ戻る