Hyaluronic,Acid in the Treatment and Prevention of Skin Diseases: Molecular Biological, Pharmaceutical'a-:a,d Clinical Aspects.

The glycosaminoglycan hyaluronic acid (HA), or hyaluronan. is a major component of the extracellular matrix ofskin, joints, eye and many othertissue~l and organs. In spite of its simple structure, HA demonstrates remarkable rheological, viscoelastic and hygroscopic properties which are relevant fgr dermal tissue function. Biological activities in skin, however, are also due tl) its interaction with various binding proteins' (hyaladherins). Due to an influence on signaling pathways, HA is involved in the wound-healing process and scarless fetal healing. In,
creased HA concentrations have been associated with inflammatory skin diseases. In clinical trials, topical application of HA improved wound healing; in particular, acute radioepithelitis, venous leg ulcers or diabetic foot lesions responded to HA treatment~ < Moreover, as a topical drug delivery system for diclofenac, an HA gel has recently been' approved for the treatment of actinic keratO$8s. Finally, chemical modificatio~s led to new HA derivates and biomaterials, which may be introduced into therapy in the future. Therefore, ongoing research offers new horizons for the therapeutic use of this glycosaminoglycan which has been regarded as an inert structural component until recently.

和訳
「皮膚疾患の治療と予防におけるヒアルロン酸:分子生物学的、薬学的、および臨床的側面」

グリコサミノグリカン、ヒアルロン酸(HA)、またはヒアルロナンは、皮膚、関節、眼、をはじめとする多くの組織および器官の細胞外マトリックスの主要な成分である。その単純な構造にもかかわらず、HAは、皮膚組織の機能に関連する顕著なレオロジー、粘弾性、および吸湿性を示す。しかし、皮膚における生物学的活性は、その種々の結合タンパク質(ヒアルアドヘリン類)との相互作用による。シグナル伝達経路への影響により、HAは創傷治癒過程と傷跡を残さない胎児の治癒に関与している。HA濃度の上昇は、炎症性皮膚疾患と関連付けられている。臨床試験では、HAの局所適用は、創傷治癒を改善した;特に、急性放射能上皮炎、静脈性下腿潰瘍、または糖尿病性足病変はHA治療に反応した。また、ジクロフェナクの局所薬物送達システムとして、HAゲルは最近、光線角化症の治療に承認された。最後に、化学修飾により新しいHA誘導体および生体材料が得られており、これらは将来的に治療に導入される可能性がある。従って、現在進行中の研究は、最近まで不活性構成成分と見なされてきたこのグリコサミノグリカンの治療用途に新しい展望を提供する。

このページの先頭へ戻る