Hyaluronic acid:A key molecule in skin aging.

Skin aging is a multifactorial process consisting of two distinct and independent mechanisms: intrinsic and extrinsic aging. Youthful skin retains its turgor, resilience and pliability, among
others, due to its high content of water. Daily external injury, in addition to the normal process of aging, causes loss of moisture. The key molecule involved in skin moisture is hyaluronic acid
(HA) that has unique capacity in retaining water. There are multiple sites for the control of HA synthesis, deposition, cell and protein association and degradation, reflecting the complexity of HA metabolism. The enzymes that synthesize or catabolize HA and HA receptors responsible for many of the functions of HA are all multigene families with distinct patterns of tissue expression. Understanding the metabolism of HA in the different layers of the skin and the interactions of HA with other skin components will facilitate the ability to modulate skin moisture in a rational manner.

和訳
「ヒアルロン酸:皮膚老化の重要分子」

皮膚の老化は、2つの異なる独立したメカニズム、内因性および外因性老化からなる多因子プロセスである。若々しい皮膚は、高い水分含量により、とりわけその膨圧、回復力、および柔軟性を保持している。正常な加齢プロセスに加えて、日常における外傷は水分の損失を引き起こす。皮膚の水分に関与する重要な分子は、水分保持において比類ない能力を有するヒアルロン酸(HA)である。HAの合成、沈着、細胞およびタンパク質会合、および分解の制御には複数の部位が存在し、HA代謝の複雑さを反映している。HAを合成または異化する酵素と、HA機能の多くを担当するHA受容体は、全て異なる組織発現パターンを持つ多遺伝子ファミリーである。皮膚の異なる層におけるHAの代謝と、他の皮膚成分とHAとの相互作用を理解することは、合理的な方法で皮膚の水分を調節する能力を促進するであろう。

このページの先頭へ戻る