Evidence for structural changes in dermatan sulfate and hyaluronic acid with aging.

Three dermatan sulfates (DS18, DS28, and DS35) were isolated from women's skin of ages 19 +/- 2.5, 35 +/- 3.5, 47 +/- 1.7, 60 +/- 0.8, and 75 +/- 5 years. They sequentially precipitated with 18, 28, and 35% ethanol. Their sulfate content was: 23.5, 25.3, and 29.0% (w/w) for DS18 at ages 19-35, 47, and 60 years, respectively; 29.0, 24.0, and 18.8% for DS28; and 18.0, 20.0, and 20.6% for DS35 at ages 19-47, 60, and 75 years, respectively. Both DS18 and DS28 decreased, respectively, from 0.030% (of wet-skin weight) to traces at age 75, and from 0.020 to 0.010% at 60 years. At age 75, DS28 apparently increased by 30%. The DS35 values (traces-0.006%) had no age-related trend. Hyaluronic acid (HA) precipitated with 45% ethanol, was 0.030% of skin-weight at ages 19-47, and decreased to 0.015 and 0.007% at 60 and 75 years, respectively. Its electrophoretic mobility was slower at age 47. In the oldest group, i.r. spectra of HA and DS35 displayed no bands at 1650-1600, 1380, and 1320 cm-1, and a new band at 1560 cm-1. Moreover, ninhydrin-positive material of HA and DS35 increased by 75 and 95%, respectively, and the reducing GlcNAc content of HA decreased. These data showed three chemically different dermatan sulfates (two of which were preponderant) and N-deacetylation of HA and DS35 of the oldest group. After age 47, total DS and HA considerably decreased, DS18 and DS35 were oversulfated, and DS28 became undersulfated with aging.

和訳
「デルマタン硫酸とヒアルロン酸の加齢に伴う構造変化の証拠」

3種のデルマタン硫酸(DS18、DS28、およびDS35)を、年齢19+/-2.5、35 +/- 3.5、47 +/- 1.7、60 +/- 0.8、および75 +/- 5歳の女性の皮膚から単離した。それらを、18、28、および35%エタノールで順次沈殿させた。それらの硫酸含量は以下の通りであった:年齢19~35、47、および60歳のDS18は、それぞれ23.5、25.3、および29.0% (w/w); DS28は、29.0、24.0、および18.8%; そして19~47、60、および75歳のDS35は、それぞれ18.0、20.0、および20.6%。DS18とDS28は両方、それぞれ0.030%(湿皮膚重量に対して)から75歳で痕跡量に、0.020から60歳時0.010%に減少した。75歳では、DS28は明らかに30%増加した。DS35値(痕跡量~0.006%)は、年齢に関連した傾向を有していなかった。45%エタノールで沈殿したヒアルロン酸(HA)は、年齢19~47歳で皮膚重量の0.030%であり、60歳および75歳で、それぞれ0.015および0.007%に減少していた。その電気泳動移動度は年齢47歳で遅かった。最高齢群では、HAとDS35のi.r.スペクトルで、1650~1600、1380、および1320 cm-1にバンドが見られず、1560 cm-1に新たなバンドが認められた。さらに、HAとDS35のニンヒドリン陽性物質はそれぞれ75および95%増加し、HAの還元性GlcNAc含量が減少した。これらのデータは、3種の化学的に異なるデルマタン硫酸(うち2つが圧倒的であった)、および最高齢群のHAとDS35のN-脱アセチル化を示した。年齢47歳以降、加齢に伴いDSとHAは大幅に減少し、DS18とDS35過剰に硫酸化され、DS28は脱硫酸化型になった。

このページの先頭へ戻る