Effects of coenzyme Q10 in early Parkinson disease: evidence of slowing of the functional decline.

BACKGROUND:
Parkinson disease (PD) is a degenerative neurological disorder for which no treatment has been shown to slow the progression.
OBJECTIVE:
To determine whether a range of dosages of coenzyme Q10 is safe and well tolerated and could slow the functional decline in PD.
DESIGN:
Multicenter, randomized, parallel-group, placebo-controlled, double-blind, dosage-ranging trial.
SETTING:
Academic movement disorders clinics.
PATIENTS:
Eighty subjects with early PD who did not require treatment for their disability.
INTERVENTIONS:
Random assignment to placebo or coenzyme Q10 at dosages of 300, 600, or 1200 mg/d.
MAIN OUTCOME MEASURE:
The subjects underwent evaluation with the Unified Parkinson Disease Rating Scale (UPDRS) at the screening, baseline, and 1-, 4-, 8-, 12-, and 16-month visits. They were followed up for 16 months or until disability requiring treatment with levodopa had developed. The primary response variable was the change in the total score on the UPDRS from baseline to the last visit.
RESULTS:
The adjusted mean total UPDRS changes were +11.99 for the placebo group, +8.81 for the 300-mg/d group, +10.82 for the 600-mg/d group, and +6.69 for the 1200-mg/d group. The P value for the primary analysis, a test for a linear trend between the dosage and the mean change in the total UPDRS score, was.09, which met our prespecified criteria for a positive trend for the trial. A prespecified, secondary analysis was the comparison of each treatment group with the placebo group, and the difference between the 1200-mg/d and placebo groups was significant (P =.04).
CONCLUSIONS:
Coenzyme Q10 was safe and well tolerated at dosages of up to 1200 mg/d. Less disability developed in subjects assigned to coenzyme Q10 than in those assigned to placebo, and the benefit was greatest in subjects receiving the highest dosage. Coenzyme Q10 appears to slow the progressive deterioration of function in PD, but these results need to be confirmed in a larger study.

和訳
「早期パーキンソン病におけるコエンザイムQ10の効果:機能低下の減速の証拠」

背景:
パーキンソン病(PD)は、進行を遅らせることが示された治療がない神経変性疾患である。
目的:
コエンザイムQ10の投与量範囲は、安全かつ忍容性が良好で、PDにおける機能低下を遅らせることができるかどうかを判断すること。
デザイン:
多施設無作為化並行群間プラセボ対照二重盲検用量設定試験。
設定:
大学の運動障害クリニック。
患者:
障害に対する治療を必要としなかった初期PDの被験者80人。
介入:
プラセボ、またはコエンザイムQ10用量300、600、または1200 mg/日への無作為割り付け。

主要評価指標:
被験者は、スクリーニング時、ベースライン時、と1、4、8、12、および16ヶ月の来院時に、統一パーキンソン病評価尺度(Unified Parkinson Disease Rating Scale:UPDRS)による評価を受けた。最長16ヶ月間、またはレボドパによる治療を要する障害が発症するまで被験者を追跡した。主要応答変数は、ベースラインから最後の来院までのUPDRSにおける合計スコアの変化であった。

結果:
調整済平均総UPDRSの変化は、プラセボ群で+11.99、300 mg/日群で+8.81、600 mg/日群で+10.82、および1200 mg/日群で+6.69であった。 主要解析である、投与量と総UPDRSスコアの平均変化との間の線形傾向の検定のP値は0.09であり、治験用に我々があらかじめ設定した肯定的傾向の基準を満たした。予め指定された二次的解析は、各治療群のプラセボ群との比較であり、1200 mg/日群とプラセボ群との差は有意であった(P=0.04)。
コエンザイムQ10は、最大1200 mg/日の投与量で安全かつ忍容性が良好であった。コエンザイムQ10に割り付けられた被験者での障害の発症は、プラセボに割り付けられたものよりも少なく、利益は最高投与量を受けた被験者で最大であった。コエンザイムQ10は、PDにおける進行性の機能悪化を遅延させるように見えるが、これらの結果は大規模な試験で確認される必要がある。

このページの先頭へ戻る