Coenzyme Q10 improves blood pressure and glycaemic control: a controlled trial in subjects with type 2 diabetes.

OBJECTIVE:
Our objective was to assess effects of dietary supplementation with coenzyme Q10 (CoQ) on blood pressure and glycaemic control in subjects with type 2 diabetes, and to consider oxidative stress as a potential mechanism for any effects.
SUBJECTS AND DESIGN:
Seventy-four subjects with uncomplicated type 2 diabetes and dyslipidaemia were involved in a randomised double blind placebo-controlled 2x2 factorial intervention.
SETTING:
The study was performed at the University of Western Australia, Department of Medicine at Royal Perth Hospital, Australia.
INTERVENTIONS:
Subjects were randomly assigned to receive an oral dose of 100 mg CoQ twice daily (200 mg/day), 200 mg fenofibrate each morning, both or neither for 12 weeks.
MAIN OUTCOME MEASURES:
We report an analysis and discussion of the effects of CoQ on blood pressure, on long-term glycaemic control measured by glycated haemoglobin (HbA(1c)), and on oxidative stress assessed by measurement of plasma F2-isoprostanes.
RESULTS:
Fenofibrate did not alter blood pressure, HbA(1c), or plasma F2-isoprostanes. There was a 3-fold increase in plasma CoQ concentration (3.4+/-0.3 micro mol/l, P < 0.001) as a result of CoQ supplementation. The main effect of CoQ was to significantly decrease systolic (-6.1+/-2.6 mmHg, P=0.021) and diastolic (-2.9+/-1.4 mmHg, P=0.048) blood pressure and HbA(1c) (-0.37+/-0.17%, P=0.032). Plasma F2-isoprostane concentrations were not altered by CoQ (0.14+/-0.15 nmol/l, P=0.345).
CONCLUSIONS:
These results show that CoQ supplementation may improve blood pressure and long-term glycaemic control in subjects with type 2 diabetes, but these improvements were not associated with reduced oxidative stress, as assessed by F2-isoprostanes.

和訳
「コエンザイムQ10は血圧と血糖のコントロールを改善する:2型糖尿病の被験者を対象とした比較対照試験」

目的:
我々の目的は、コエンザイムQ10(CoQ)食事補給の2型糖尿病の被験者における血圧および血糖のコントロールに対する効果を評価すること、および効果の可能性のあるメカニズムとして酸化ストレスを検討することであった。

被験者とデザイン:
合併症のない2型糖尿病および脂質異常症の被験者74人を、無作為化二重盲検プラセボ対照2×2要因介入の対象とした。

設定:
試験は、オーストラリアのロイヤルパース病院の西オーストラリア大学医学部で行われた。

介入:
被験者は、12週間にわたり、CoQの1日2回100mgの経口投与(200mg /日)、フェノフィブラートの毎朝200mg投与、両方の投与を受ける、またはいずれも投与されない群に無作為に割り付けられた。

主要評価項目:
我々は、血圧、糖化ヘモグロビン(HbA(1c))により測定した長期血糖コントロール、および血漿F2-イソプロスタンの測定により評価した酸化ストレスに対するCoQの効果の分析と考察を報告する。

結果:
フェノフィブラートは、血圧、HbA(1c)、血漿F2-イソプロスタンのいずれも変化させなかった。CoQ補給の結果として、血漿CoQ濃度は3倍増加した(3.4+/-0.3 マイクロモル/l, P < 0.001)。CoQの主要な効果は、収縮期血圧(-6.1+/-2.6 mmHg, P=0.021)、拡張期血圧(-2.9+/-1.4 mmHg, P=0.048)、およびHbA(1c)(-0.37+/-0.17%, P=0.032)の有意な低下であった。血漿F2-イソプロスタン濃度はCoQによって変化しなかった(0.14+/-0.15 nmol/l, P=0.345)。

結論:
これらの結果は、CoQ補給が、2型糖尿病患者における血圧および長期血糖のコントロールを改善し得ることを示しているが、F2-イソプロスタンによる評価の通り、これらの改善は、酸化ストレスの低下と関連していなかった。

このページの先頭へ戻る