Blood pressure lowering efficacy of coenzyme Q10 for primary hypertension.

BACKGROUND:
Studies have shown that coenzyme Q10 deficiency is associated with cardiovascular disease. Hypertension is a commonly measured surrogate marker for non-fatal and fatal cardiovascular endpoints such as heart attacks and strokes. Clinical trials have suggested that coenzyme Q10 supplementation can effectively lower blood pressure (BP).

OBJECTIVES:
To determine the blood pressure lowering effect of coenzyme Q10 in primary hypertension.

SEARCH STRATEGY:
The Cochrane Central Register of Controlled Trials (2009 Issue 2), MEDLINE (1966 -May 2008), EMBASE (1982 - May 2008), and CINAHL (1970 - May 2008) as well as the reference lists of articles were searched for relevant clinical trials in any language.

SELECTION CRITERIA:
Double-blind, randomized, placebo-controlled parallel or crossover trials evaluating the BP lowering efficacy of coenzyme Q10 for a duration of at least 3 weeks in patients with primary hypertension.

DATA COLLECTION AND ANALYSIS:
The primary author independently assessed the risk of bias and extracted the data. The second author verified data extraction.

MAIN RESULTS:
Three clinical trials with a total of 96 participants were evaluated for the effects of coenzyme Q10 on blood pressure compared to placebo. Treatment with coenzyme Q10 in subjects with systolic BP (SBP) > 140 mmHg or diastolic BP (DBP) > 90 mmHg resulted in mean decreases in SBP of 11 mmHg (95% CI 8, 14) and DBP of 7 mmHg (95% CI 5, 8).

AUTHORS' CONCLUSIONS:
Due to the possible unreliability of some of the included studies, it is uncertain whether or not coenzyme Q10 reduces blood pressure in the long-term management of primary hypertension.

和訳
「原発性高血圧症に対するコエンザイムQ10の血圧低下効果」

背景:
コエンザイムQ10の欠乏は、心血管疾患に関連することが複数の研究により示されている。高血圧は、心臓発作や脳卒中等の非致死性および致死性の心血管系評価項目に対する一般的に測定される代理マーカーである。コエンザイムQ10の補給は効果的に血圧(BP)を低下させることができることが、複数の臨床試験により示唆されている。

目的:
原発性高血圧症におけるコエンザイムQ10の血圧低下効果を決定する。

検索方法:
Cochrane Central Register of Controlled Trials(2009年2号)、MEDLINE(1966年~2008年5月)、EMBASE(1982年~2008年5月)、CINAHL(1970年~2008年5月)、および論文の参考文献リストで、関連する臨床治験について言語を問わず検索した。

選択基準:
原発性高血圧の患者を対象に、コエンザイムQ10のBP低下効果を3週間以上の期間にわたり評価する、二重盲検無作為化プラセボ対照並行またはクロスオーバー試験。

データ収集と分析:
筆頭著者が独立してバイアスのリスクを評価し、データを抽出した。第2著者は、データ抽出を検証した。

主要な結果:
プラセボと比較したコエンザイムQ10の血圧に対する効果について、計96人の参加者で実施された3件の臨床試験を評価した。収縮期血圧(SBP)>140 mmHgまたは拡張期血圧(DBP)>90 mmHgの被験者のコエンザイムQ10による治療は、SBPを平均11 mmHg(95% CI 8, 14)、DBPを平均7 mmHg(95% CI 5, 8)低下させた。

著者の結論:
一部の対象試験の信頼性欠如の可能性により、コエンザイムQ10が原発性高血圧症の長期管理において血圧を低下させるかどうかは不明である。

このページの先頭へ戻る