Effect of CoenzymeQ10 in mitigating oxidative DNA damage in Down syndrome patients, a double blind randomized controlled trial.

Downsyndrome(DS)isachromosomalabnormality(trisomy21)associatedwithacomplexphenotype.Oxidativestressisknownto play amajorroleinthispathologybothduetogeneticandepigeneticfactors,suggestingthatoxidativeimbalancecontributestotheclinical manifestation ofDS.Inparticular,theimplicationsofoxidativeDNAdamageinDownsyndromehasbeenlinkedwithneurodegeneration. Here wereporttheresultsofadoubleblindcontrolledtrialaimedatinvestigatingtheprotectiveeffectofCoenzymeQ10 on DNA oxidation in thisclinicalsettingusingthesinglecellgelelectrophoresistechnique.

和訳
「ダウン症候群患者の酸化的DNA損傷の緩和におけるコエンザイムQ10の効果、二重盲検無作為化比較試験」

ダウン症候群(DS)は、複雑な表現型を伴う染色体異常(21トリソミー)である。酸化ストレスは、この病理において遺伝子的およびエピジェネティックな要因両方による重要な役割を果たすことが知られており、酸化的不均衡がDSの臨床症状に寄与することを示唆している。特に、ダウン症候群における酸化的DNA損傷の影響は、神経変性と関連付けられている。今回我々は、単一細胞ゲル電気泳動法を使用して、この臨床設定におけるDNA酸化に対するコエンザイムQ10の保護効果を調べることを目的とした二重盲検比較試験の結果を報告する。

このページの先頭へ戻る