Clinical applications of coenzyme Q10.

Coenzyme Q10 (CoQ10) or ubiquinone was known for its key role in mitochondrial bioenergetics as electron and proton carrier; later studies demonstrated its presence in other cellular membranes and in blood plasma, and extensively investigated its antioxidant role. These two functions constitute the basis for supporting the clinical indication of CoQ10. Furthermore, recent data indicate that CoQ10 affects expression of genes involved in human cell signalling, metabolism and transport and some of the effects of CoQ10 supplementation may be due to this property. CoQ10 deficiencies are due to autosomal recessive mutations, mitochondrial diseases, ageing-related oxidative stress and carcinogenesis processes, and also a secondary effect of statin treatment. Many neurodegenerative disorders, diabetes, cancer, fibromyalgia, muscular and cardiovascular diseases have been associated with low CoQ10 levels. CoQ10 treatment does not cause serious adverse effects in humans and new formulations have been developed that increase CoQ10 absorption and tissue distribution. Oral CoQ10 treatment is a frequent mitochondrial energizer and antioxidant strategy in many diseases that may provide a significant symptomatic benefit.

和訳
「コエンザイムQ10の臨床応用」

コエンザイムQ10(CoQ10)またはユビキノンは、ミトコンドリア生体エネルギーにおいて電子およびプロトンのキャリアとして重要な役割果たすことで知られていた。後の研究により、他の細胞膜中および血漿中にも存在することが示され、抗酸化物質としての役割が詳細に調べられた。これらの2つの機能は、CoQ10の臨床適応を支持する基礎をなす。さらに、最近のデータは、CoQ10がヒトの細胞シグナリング、代謝、および輸送に関与する遺伝子の発現に影響を与えることを示しており、CoQ10補給の効果の一部はこの性質による可能性がある。CoQ10の欠乏は、常染色体劣性変異、ミトコンドリア病、老化関連酸化ストレス、および発癌プロセスが原因であり、またスタチン治療の二次的効果でもある。多くの神経変性疾患、糖尿病、癌、線維筋痛、筋肉および心血管系疾患が、低CoQ10レベルと関連付けられている。CoQ10治療はヒトにおいて重篤な副作用を引き起こさず、CoQ10の吸収および組織分布を増加させる新規製剤が開発されている。経口CoQ10治療は、多くの疾患における頻繁なミトコンドリア賦活法および抗酸化戦略であり、重要な対症的利益を提供する可能性がある。

このページの先頭へ戻る