Age-related changes in the lipid compositions of rat and human tissues.

The levels of cholesterol, ubiquinone, dolichol, dolichyl-P, and total phospholipids in human lung, heart, spleen, liver, kidney, pancreas, and adrenal from individuals from one-day-old to 81 years of age were investigated and compared with the corresponding organs from 2 to 300 day-old rats. The amount of cholesterol in human tissues did not change significantly during aging, but the level of this lipid in the rat was moderately elevated in the organs of the oldest animals. In human pancreas and adrenal the ubiquinone content was highest at one year of age, whereas in other organs the corresponding peak value was at 20 years of age, and was followed by a continuous decrease upon further aging. A similar pattern was observed in the rats, with the highest concentration of ubiquinone being observed at 30 days of age. Dolichol levels in human tissues increase with aging, but they increase to very different extents. In the lungs this increase is seven-fold, and in the pancreas it is 150-fold. The elevation in the dolichol contents of rat tissues ranges from 20 to 30-fold in our material. In contrast, the levels of the phosphorylated derivative of dolichol increased to a more limited extent, i.e., 2 to 6-fold in human tissues and even less in the rat. These results demonstrate that the levels of a number of lipids in human and rat organs are modified in a characteristic manner during the life-span. This is in contrast to phospholipids, which constitute the bulk of the cellular lipid mass.

和訳
「ラットおよびヒト組織の脂質組成の加齢変化」

生後1日から81歳までの個人におけるヒト肺、心臓、脾臓、肝臓、腎臓、膵臓、および副腎中のコレステロール、ユビキノン、ドリコール、ドリキル-P、および総リン脂質のレベルを調査、比較し、2~300日齢のラットの対応する臓器と比較した。ヒト組織中のコレステロール量には加齢の間に有意な変化は認められなかったが、ラットの場合この脂質のレベルは最高齢の動物の臓器で中程度上昇していた。ユビキノン含量は、ヒト膵臓および副腎では1歳時に最も高く、一方、他の臓器では、対応するピーク値は20歳にあり、その後加齢が進むにつれて減少した。同様のパターンがラットで観察され、ユビキノンの最高濃度は、生後30日目に観察された。ヒト組織のドリコールレベルは加齢とともに増加するが、増加の程度は非常に異なる。肺ではこの増加は7倍であり、膵臓においては150倍である。ラット組織のドリコール含量の上昇は、我々の材料では20~30倍の範囲である。これとは対照的に、ドリコールのリン酸化誘導体のレベルはより限定された範囲で増加し、ヒト組織では2~6倍、ラットではさらに少なかった。これらの結果は、ヒトおよびラットの臓器中の多数の脂質のレベルが寿命の間に特徴的に変化していることを示している。これは、細胞脂質の質量の大部分を構成するリン脂質とは対照的である。

このページの先頭へ戻る