Antioxidant activity of ubiquinol in solution and phosphatidylcholine liposome.

The antioxidant activities of ubiquinol and ubiquinone were measured in the free radical-mediated oxidations of methyl linoleate in solution and phosphatidylcholine liposomes in aqueous dispersion. Ubiquinol-10 suppressed the oxidation of methyl linoleate in hexane, although its reactivity toward peroxyl radical was about 10 times less than that of alpha-tocopherol. Ubiquinone-10, on the contrary, did not show any antioxidant activity. On the other hand, ubiquinol-10 inhibited the oxidation of phosphatidylcholine liposomal membranes as efficiently as alpha-tocopherol. When both ubiquinol-10 and alpha-tocopherol were present, ubiquinol-10 decreased first and alpha-tocopherol decreased after all ubiquinol-10 was consumed in both solution and liposomes. These results and electron spin resonance (ESR) study suggest that ubiquinol-10 regenerates alpha-tocopherol by reducing alpha-tocopheroxyl radical.

和訳
「溶液中およびホスファチジルコリンリポソーム中のユビキノールの抗酸化活性」

ユビキノールおよびユビキノンの抗酸化活性を、溶液中、および水性分散液中のホスファチジルコリンリポソーム中でのリノール酸メチルのフリーラジカル媒介酸化で測定した。ユビキノール10では、そのペルオキシルラジカルに対する反応性はα-トコフェロールの約1/10であったが、ヘキサン中のリノール酸メチルの酸化を抑制した。逆にユビキノン10は、抗酸化活性を示さなかった。一方、ユビキノール10は、α-トコフェロールと同等の効率でホスファチジルコリンリポソーム膜の酸化を阻害した。ユビキノール10とα-トコフェロールの両方が存在していた場合には、溶液中でもリポソーム中でも、まずユビキノール10が減少し、全てのユビキノール10が消費された後にα-トコフェロールが減少した。これらの結果と電子スピン共鳴(ESR)による研究は、ユビキノール10が、α-トコフェロラジカルを減らすことによってα-トコフェロールを再生成することを示唆している。

このページの先頭へ戻る