L-Arginine as a Potential Ergogenic Aid in Healthy Subjects.

Dietary supplements containing L-arginine, a semi-essential amino acid, are one of the latest ergogenic aids intended to enhance strength, power and muscle recovery associated with both aerobic and resistance exercise. L-arginine is claimed to promote vasodilation by increasing nitric oxide (NO) production in the active muscle during exercise, improving strength, power and muscular recovery through increased substrate utilization and metabolite removal, such as lactate and ammonia. Research on L-arginine has recently tested this hypothesis, under the assumption that it may be the active compound associated with the vasodilator effects of NO. There were only five
acute studies retrieved from the literature that evaluated exercise performance after L-arginine supplementation, three of which reported significant improvements. Regarding studies on chronic effects, eight studies were encountered: four reported enhancements in exercise performance, whilst four reports showed no changes. Whether these improvements in exercise performance– regardless of the aerobic or anaerobic nature of the exercise – can be associated with increases in NO production, has yet to be demonstrated in future studies. Low oral doses (£20 g) are well tolerated and clinical side effects are rare in healthy subjects. In summary, it is still premature to
recommend dietary supplements containing L-arginine as an ergogenic aid for healthy physically active subjects.

和訳
「健常者の潜在的なエルゴジェニックエイドとしてのL-アルギニン」

準必須アミノ酸であるL-アルギニンを含有する栄養補助食品は、有酸素及び抵抗運動に関連する強度、力、及び筋肉の回復を高めることを目的とした最新エルゴジェニックエイドの一つである。L-アルギニンは、運動時に活動筋における一酸化窒素(NO)の産生を増加させることによって血管拡張を促進し、物質利用の上昇と乳酸やアンモニア等の代謝産物の除去を介して、強度、力、及び筋肉の回復を改善すると主張されている。L-アルギニンに関する研究は最近、NOの血管拡張効果に関連した活性化合物であるとの仮定の下、この仮説を検証した。文献中、L-アルギニンの補給後の運動パフォーマンスを評価した急性試験は5報のみで、そのうち3報が有意な改善を報告していた。慢性効果に関する研究については、8研究が見つかった:4報は運動パフォーマンスの向上を報告し、4報では変化を示さなかった。運動が有酸素性か無酸素性かに関わらず、これらの運動パフォーマンスの改善がNO産生の増加と関連しているかどうかは、今後の研究で実証されなければならない。低経口投与量(20 g)は良好な耐容性で、臨床的な副作用は健康な被験者ではまれである。要約すると、L-アルギニン含有栄養補助食品を健康で身体的に活動性の被験者に、エルゴジェニックエイドとして推奨することは時期尚早である。

このページの先頭へ戻る