Nitric oxide signaling in vascular biology.

Nitric oxide (NO) research has expanded rapidly in the past 20 years, and the role of NO in physiology and pathology has been extensively studied. This review focuses on the pathways of NO synthesis and metabolism in vascular biological systems. Healthy vascular homeostasis is dependent on the integrity of the endothelium, which is a very large dynamic autocrine and paracrine organ with vasodilator, anti-inflammatory, and antithrombotic properties. The importance and relevance of NO signaling is stressed in this review. The potential role of nitrotyrosine formation with vascular pathological conditions is discussed. The use of pharmacologic, biochemical, and molecular biological approaches to characterize, purify, and reconstitute these regulatory pathways should lead to the development of new therapies for various pathological conditions that are characterized by an insufficient production of NO. With more than 77,000 publications in the field of NO signaling, this brief review can only focus on some aspects of the field as it applies to vascular biology. Many molecular targets have been identified for drug development dealing with NO and cyclic guanosine monophosphate formation, metabolism, and function. Many agents have been identified that are in pre-clinical evaluation or in clinical trials. Certainly, many should prove to be important therapeutic additions during the next decade.

和訳
「血管生物学における一酸化窒素シグナリング」

一酸化窒素(NO)の研究は過去20年間に急速に拡大し、生理学および病理学におけるNOの役割が広く研究されている。この総説は、血管生物系におけるNOの合成と代謝の経路に焦点を当てる。健康な血管の恒常性機能は、血管拡張、抗炎症、及び抗血栓特性を持つ非常に大きくダイナミックなオートクリン及びパラクリン器官である、内皮の完全性に依存している。NOシグナル伝達の重要性と関連性が、この総説で強調されている。ニトロチロシン形成の血管の病的状態における潜在的な役割が議論されている。薬理学的、生化学的、及び分子生物学的アプローチを使用してこれらの制御経路を特徴付け、精製し、再構成することは、不十分なNO産生を特徴とする様々な病理学的状態のための新しい治療法の開発につながるはずである。NOシグナル伝達の分野では77,000を超える報文があり、この簡単な総説では、フィールドの一部の側面にしか焦点を当てることができず、それは血管生物学にも当てはまる。多くの分子標的が、NO及び環状グアノシン一リン酸の生成、代謝、及び機能を扱う医薬品開発のために同定されている。前臨床評価または臨床試験中である多くの薬剤が同定されている。そのうちの多くにおいて、次の十年の間に、重要な追加的治療法となることが証明されるに違いない。

このページの先頭へ戻る