Anti-aging effects of l-arginine.

l-Arginine is one of the most metabolically versatile amino acids. In addition to its role in the
synthesis of nitric oxide, l-arginine serves as a precursor for the synthesis of polyamines, proline, glutamate, creatine, agmatine and urea. Several human and experimental animal studies have indicated that exogenous l-arginine intake has multiple beneficial pharmacological effects when taken in doses larger than normal dietary consumption. Such effects include reduction in the risk of vascular and heart diseases, reduction in erectile dysfunction, improvement in immune response and inhibition of gastric hyperacidity. This review summarises several positive studies and personal experiences of l-arginine. The demonstrated anti-aging benefits of l-arginine show greater potential than any pharmaceutical or nutraceutical agent ever previously discovered.

和訳
「L-アルギニンのアンチ・エイジング効果」

L-アルギニンは、最も代謝的汎用性の高いアミノ酸の一つである。一酸化窒素の合成におけるその役割に加えて、L-アルギニンはポリアミン類、プロリン、グルタミン酸、クレアチン、アグマチン、及び尿素の合成の前駆体として働く。いくつかのヒトおよび実験動物の研究により、外因性L-アルギニンの摂取を通常の食餌消費量よりも多く摂取した場合、複数の有益な薬理作用を有することが示されている。このような効果には、血管及び心臓疾患リスクの低下、勃起不全の軽減、免疫応答の改善、及び胃酸過多の阻害がある。本総説は、L-アルギニンのいくつかの肯定的な研究と個人的な経験を要約する。L-アルギニンの実証された老化防止効果は、過去に発見されたどの医薬品または栄養補助剤よりも高い可能性を示す。

このページの先頭へ戻る