Risk assessment for the amino acids taurine, L-glutamine and L-arginine.

Taurine, glutamine and arginine are examples of amino acids which have become increasingly popular as ingredients in dietary supplements and functional foods and beverages. Animal and human clinical research suggests that oral supplementation of these amino acids provides additional health and/or performance benefits beyond those observed from normal intake of dietary protein.
The increased consumer awareness and use of these amino acids as ingredients in dietary supplements and functional foods warrant a comprehensive review of their safety through quantitative risk assessment, and identification of a potential safe upper level of intake. The absence of a systematic pattern of adverse effects in humans in response to orally administered taurine (Tau), L-glutamine (Gln) and L-arginine (Arg) precluded the selection of a no observed adverse effect level (NOAEL) or lowest observed adverse effect level (LOAEL). Therefore, by definition, the usual approach to risk assessment for identification of a tolerable upper level of intake (UL) could not be used. Instead, the newer method described as the Observed Safe Level (OSL) or Highest
Observed Intake (HOI) was utilized. The OSL risk assessments indicate that based on the available published human clinical trial data, the evidence for the absence of adverse effects is strong for Tau at supplemental intakes up to 3 g/d, Gln at intakes up to 14 g/d and Arg at intakes up to 20 g/d, and these levels are identified as the respective OSLs for normal healthy adults. Although
much higher levels of each of these amino acids have been tested without adverse effects and may be safe, the data for intakes above these levels are not sufficient for a confident conclusion of long-term safety, and therefore these values are not selected as the OSLs.

和訳
「アミノ酸であるタウリン、L-グルタミン、及びL-アルギニンのリスク評価」

タウリン、グルタミン、及びアルギニンは、栄養補助食品及び機能性食品及び飲料の成分として人気が高まっているアミノ酸の例である。動物及びヒトの臨床研究は、これらのアミノ酸の経口補給が、通常の食事性タンパク質摂取で認められるものを超える、付加的な健康および/またはパフォーマンス上の利益を提供することを示唆している。栄養補助食品と機能性食品の成分としてのこれらのアミノ酸の消費者の認知度と利用の増加により、定量的リスク評価を通じたそれらの安全性の包括的な見直しと、潜在的な安全摂取上限の設定が必要となる。経口投与したタウリン(Tau)、L-グルタミン(Gln)、及びL-アルギニン(Arg)に対する応答したヒトでの副作用の体系的なパターンが存在しないことから、無毒性量(NOAEL)及び最小毒性量(LOAEL)の選択を排除した。従って、定義上は、耐容摂取上限(UL)を設定するためのリスク評価に対する通常のアプローチは使用できなかった。その代わりに、観測安全量(Observed Safe Level;OSL)または最高観測摂取量(Highest Observed Intake;HOI)として記載されるより新しい方法を用いた。OSLリスク評価は、入手可能な公表されたヒト臨床試験データに基づいて、3 g/日までのTau補充摂取、14 g/日までのGln摂取、及び20 g/日までのArg摂取に関しては、有害作用不在の証拠は強力であり、これらのレベルは、健常人に対するそれぞれのOSLと設定されることを示している。これらのアミノ酸は、さらに高用量においても有害作用なく試験されており、安全である可能性があるが、これらのレベルを超える摂取量についてのデータは、長期的な安全性を確信をもって結論するには十分でなく、従ってこれらの値はOSLとして選択されなかった。

このページの先頭へ戻る