Docosahexaenoic acid, inflammation, and bacterial dysbiosis in relation to periodontal disease, inflammatory bowel disease, and the metabolic syndrome.

Docosahexaenoic acid (DHA), a long-chain omega-3 polyunsaturated fatty acid, has been used to treat a range of different conditions, including periodontal disease (PD) and inflammatory bowel disease (IBD). That DHA helps with these oral and gastrointestinal diseases in which inflammation and bacterial dysbiosis play key roles, raises the question of whether DHA may assist in the prevention or treatment of other inflammatory conditions, such as the metabolic syndrome, which have also been linked with inflammation and alterations in normal host microbial populations. Here we review established and investigated associations between DHA, PD, and IBD. We conclude that by beneficially altering cytokine production and macrophage recruitment, the composition of intestinal microbiota and intestinal integrity, lipopolysaccharide- and adipose-induced inflammation, and insulin signaling, DHA may be a key tool in the prevention of metabolic syndrome.

和訳
「歯周病、炎症性腸疾患、およびメタボリックシンドロームに関連したドコサヘキサエン酸、炎症、および細菌性腸内毒素症」

長鎖オメガ-3多価不飽和脂肪酸であるドコサヘキサエン酸(DHA)は、歯周病(PD)や炎症性腸疾患(IBD)等の広範な疾患を治療するために使用されてきた。炎症および細菌性腸内毒素症が重要な役割を果たしているこれらの口腔および消化器系疾患にDHAが役立つことは、炎症および正常な宿主微生物集団の変化と関連付けられているメタボリックシンドローム等の他の炎症性状態の予防または治療においてもDHAが補助できるかどうかという問題を提起する。今回我々は、DHA、PD、およびIBDの間の確立された、および調査された関連性をレビューする。DHAは、サイトカイン産生とマクロファージ動員、腸内細菌叢の組成と腸の完全性、リポ多糖および脂肪誘発性炎症、およびインスリンシグナル伝達に有益な変化を起こすことにより、メタボリックシンドロームの重要な予防ツールであり得ると我々は結論する。

このページの先頭へ戻る