Omega-3 for bipolar disorder: meta-analyses of use in mania and bipolar depression.

OBJECTIVE:
Studies using augmentation of pharmacotherapies with omega-3 in bipolar disorder have been conducted; however, to date a specific meta-analysis in this area has not been published. Thus, we present the significant findings from meta-analyses of omega-3 in the treatment of bipolar depression and bipolar mania.
DATA SOURCES:
PubMed, CINAHL, Web of Science, and Cochrane Library databases were searched for clinical trials up to September 1, 2010, using the search terms bipolar disorder OR bipolar depression OR bipolar mania OR mania OR hypomania OR cyclothymia with the search terms omega 3 OR essential fatty acids OR polyunsaturated fatty acids OR DHA OR EPA OR fish oil OR flax oil. Clinical trial registries and gray literature (published or unpublished data not readily accessible via main databases) were also searched.
DATA SELECTION:
The analysis included randomized controlled studies 4 weeks or longer, with a sample size > 10, written in English, using omega-3 for diagnosed bipolar depression or mania. No criteria were set for age, gender, or ethnicity.
DATA EXTRACTION:
A random-effects model was used. The model analyzed the standard mean difference between treatment and placebo between baseline and endpoint, combining the effect size (Hedges g) data. Funnel plot and heterogeneity analyses (I²) were also performed.
DATA SYNTHESIS:
The findings of 5 pooled datasets (n = 291) on the outcome of bipolar depression revealed a significant effect in favor of omega-3 (P = .029), with a moderate effect size of 0.34. On the outcome of mania, 5 pooled datasets (n = 291) revealed a nonsignificant effect in favor of omega-3 (P = .099), with an effect size of 0.20. Minor heterogeneity between studies on the outcome of bipolar depression was found (I² = 30%; P = .213), which was not present on the outcome of bipolar mania (I² = 0%; P = .98). Funnel plot symmetry suggested no significant likelihood of publication bias. Meta-regression analysis between sample size and effect size, however, revealed that studies with smaller sample sizes had larger effect sizes (P = .05).
CONCLUSIONS:
The meta-analytic findings provide strong evidence that bipolar depressive symptoms may be improved by adjunctive use of omega-3. The evidence, however, does not support its adjunctive use in attenuating mania.

和訳
「双極性障害のためのオメガ-3:躁病及び双極性うつ病での使用におけるメタ分析」

目的:
双極性障害を対象としたオメガ-3による薬物療法の増強を用いた研究が実施されている。しかし、この分野における具体的なメタ分析はこれまで公開されていない。そこで、我々は双極性うつ病と双極性躁病の治療におけるオメガ-3のメタ分析から得られた重要な知見を提示する。
データソース:
PubMed、CINAHL、Web of Science、及びCochrane Libraryのデータベースで、(bipolar disorder OR bipolar depression OR bipolar mania OR mania OR hypomania OR cyclothymia)、及び(omega 3 OR essential fatty acids OR polyunsaturated fatty acids OR DHA OR EPA OR fish oil OR flax oil)を検索語として、2010年9月1日までの臨床試験を検索した。臨床試験登録簿と灰色文献(主要データベースを経由して容易にアクセスできない発表済または未発表データ)も検索した。
データ選択:
分析には、診断済み双極性うつ病または躁病にオメガ-3を使用し、英語で書かれた、サンプルサイズ>10で、4週間以上の無作為化比較試験を含めた。年齢、性別、民族性のいずれにも基準は設定しなかった。
データ抽出:
ランダム効果モデルを用いた。モデルは、エフェクトサイズ(Hedges g)のデータを結合し、治療とプラセボとの間、ベースラインと終点との間の標準平均差を分析した。Funnelプロットと異質性分析(I²)も実施した。
データ合成:
双極性うつ病の転帰に関する5つのプールされたデータセット(n=291)の調査結果は、0.34の中程度のエフェクトサイズでオメガ-3を支持する有意な効果を明らかにした(P = .029)。躁病の転帰で、5つのプールされたデータセット(n=291)は、0.20のエフェクトサイズでオメガ-3を支持する有意でない効果を明らかにした(P = .099)。双極性うつ病の転帰に関する研究間に小さい異質性が認められた(I² = 30%; P = .213)が、双極性躁病の転帰に関しては存在しなかった(I² = 0%; P = .98)。Funnelプロットの対称性から、出版物のバイアスの可能性は有意でないことが示唆された。しかしながら、サンプルサイズとエフェクトサイズとの間のメタ回帰分析から、サンプルサイズの小さい研究ほど、エフェクトサイズが大きかったことが明らかとなった(P = .05)。
結論:
メタ分析の知見は、双極性うつ病の症状をオメガ-3の補助的使用によって改善することができるという強力な証拠を提供する。しかし、その証拠は躁病の軽減における補助的使用は支持しない。

このページの先頭へ戻る