Higher RBC EPA + DHA corresponds with larger total brain and hippocampal volumes: WHIMS-MRI study.

OBJECTIVE:
To test whether red blood cell (RBC) levels of marine omega-3 fatty acids measured in the Women's Health Initiative Memory Study were related to MRI brain volumes measured 8 years later.

METHODS:
RBC eicosapentaenoic acid (EPA), docosahexaenoic acid (DHA), and MRI brain volumes were assessed in 1,111 postmenopausal women from the Women's Health Initiative Memory Study. The endpoints were total brain volume and anatomical regions. Linear mixed models included multiple imputations of fatty acids and were adjusted for hormone therapy, time since randomization, demographics, intracranial volume, and cardiovascular disease risk factors.

RESULTS:
In fully adjusted models, a 1 SD greater RBC EPA + DHA (omega-3 index) level was correlated with 2.1 cm(3) larger brain volume (p = 0.048). DHA was marginally correlated (p = 0.063) with total brain volume while EPA was less so (p = 0.11). There were no correlations between ischemic lesion volumes and EPA, DHA, or EPA + DHA. A 1 SD greater omega-3 index was correlated with greater hippocampal volume (50 mm(3), p = 0.036) in fully adjusted models. Comparing the fourth quartile vs the first quartile of the omega-3 index confirmed greater hippocampal volume (159 mm(3), p = 0.034).

CONCLUSION:
A higher omega-3 index was correlated with larger total normal brain volume and hippocampal volume in postmenopausal women measured 8 years later. While normal aging results in overall brain atrophy, lower omega-3 index may signal increased risk of hippocampal atrophy. Future studies should examine whether maintaining higher RBC EPA + DHA levels slows the rate of hippocampal or overall brain atrophy.

和訳
「より高いRBC EPA + DHAは、より大きな総脳体積及び海馬体積と対応する:WHIMS-MRI試験」

目的:
Women's Health Initiative Memory Studyにおいて測定した赤血球(RBC)の海洋オメガ-3-脂肪酸レベルが、8年後に測定したMRI脳体積と関連していたかどうかを試験する。

方法:
RBCエイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)、及びMRI脳体積は、Women's Health Initiative Memory Studyからの閉経後女性1,111人を対象に評価した。評価項目は、総脳体積と解剖学的領域であった。線形混合モデルは、脂肪酸の複数の帰属計算を含み、ホルモン療法、無作為化からの時間、人口統計、頭蓋内容積、及び心血管系疾患の危険因子について調整した。

結果:
完全に調整したモデルでは、1 SD大きいRBC EPA + DHA(オメガ-3指数)レベルは、2.1 cm(3)大きい脳体積と相関していた(p =0.048)。DHAは総脳体積とわずかに相関しており(p=0.063)、EPAの相関はそれよりも低かった(p =0.11)。虚血性病変の体積と、EPA、DHA、またはEPA + DHAとの間には相関関係は認められなかった。完全に調整したモデルでは、1 SD高いオメガ-3指数は、より大きな海馬体積と相関していた(50 mm(3), p = 0.036)。より大きな海馬体積は、オメガ-3指数の第4四分位と第1四分位を比較することにより確認された(159 mm(3), p = 0.034)。

結論:
より高いオメガ-3指数は、8年後に測定された閉経後女性のより大きな正常脳体積、及び海馬体積と相関していた。正常な老化により脳は全体的に萎縮するが、オメガ-3指数の低下は、海馬萎縮のリスク上昇を示唆する可能性がある。今後の研究では、RBC EPA + DHAレベルをより高く維持することにより、海馬または全体的な脳の萎縮速度が遅くなるかどうかを検討する必要がある。

このページの先頭へ戻る