Association of plasma phospholipid long-chain ω-3 fatty acids with incident atrial fibrillation in older adults: the cardiovascular health study.

BACKGROUND:
Experimental studies suggest that long-chain n-3 polyunsaturated fatty acids (n-3 PUFAs) may reduce the risk of atrial fibrillation (AF). Prior studies evaluating fish or n-3 PUFA consumption from dietary questionnaires and incident AF have been conflicting. Circulating levels of n-3 PUFAs provide an objective measurement of exposure.

METHODS AND RESULTS:
Among 3326 US men and women ≥65 years of age and free of AF or heart failure at baseline, plasma phospholipid levels of eicosapentaenoic acid, docosapentaenoic acid, and docosahexaenoic acid were measured at baseline by use of standardized methods. Incident AF (789 cases) was identified prospectively from hospital discharge records and study visit ECGs during 31 169 person-years of follow-up (1992-2006). In multivariable Cox models adjusted for other risk factors, the relative risk in the top versus lowest quartile of total n-3 PUFAs (eicosapentaenoic acid+docosapentaenoic acid+docosahexaenoic acid) levels was 0.71 (95% confidence interval, 0.57-0.89; P for trend=0.004) and of DHA levels was 0.77 (95% confidence interval, 0.62-0.96; P for trend=0.01). Eicosapentaenoic acid and docosapentaenoic acid levels were not significantly associated with incident AF. Evaluated nonparametrically, both total n-3 PUFAs and docosahexaenoic acid showed graded and linear inverse associations with incidence of AF. Adjustment for intervening events such as heart failure or myocardial infarction during follow-up did not appreciably alter results.

CONCLUSIONS:
In older adults, higher circulating total long-chain n-3 PUFA and docosahexaenoic acid levels were associated with lower risk of incident AF. These results highlight the need to evaluate whether increased dietary intake of these fatty acids could be effective for the primary prevention of AF.

和訳
「高齢者における血漿リン脂質長鎖ω-3脂肪酸と単発心房細動の関連:心臓血管の健康調査」

背景:
複数の実験的研究は、長鎖n-3多価不飽和脂肪酸(n-3 PUFA)が心房細動(AF)リスクを低減する可能性を示唆している。食事アンケートおよびAF発症により魚またはn-3 PUFAの消費量を評価する従来の研究は矛盾している。n-3 PUFAの循環レベルは、曝露の客観的な測定値を提供する。

方法と結果:
65歳以上でベースライン時にAFまたは心不全のない3326人の米国人男女を対象に、エイコサペンタエン酸、ドコサペンタエン酸、およびドコサヘキサエン酸の血漿リン脂質レベルを、標準化された方法を用いてベースライン時点で測定した。AF発症(789症例)は、退院記録と31 169人年のフォローアップ(1992年~2006年)中の試験来院時ECGから前向きに特定した。他の危険因子について調整した多変量コックスモデルにおいて、総n-3 PUFA(エイコサペンタエン酸+ドコサペンタエン酸+ドコサヘキサエン酸)レベルの最上四分位の最下四分位に対する相対リスクは、0.71(95%信頼区間、0.57~0.89; 傾向のP=0.004)で、DHAレベルは0.77(95%信頼区間、0.62~0.96; 傾向のP =0.01)であった。エイコサペンタエン酸およびドコサペンタエン酸レベルは、AF発症と有意に関連していなかった。ノンパラメトリックに評価すると、総n-3 PUFAとドコサヘキサエン酸はいずれも、AFの発生率に対して傾きを有する線形の逆相関を示した。フォローアップ中の心不全や心筋梗塞等の介入事象について調整しても、結果にほとんど影響しなかった。

結論:
高齢者においては、総長鎖n-3 PUFAおよびドコサヘキサエン酸のより高い循環濃度は、より低いAF発症リスクと関連していた。これらの結果は、これらの脂肪酸の食事摂取の増加が、AFの一次予防に有効であるかどうかを評価する必要性を強調している。

このページの先頭へ戻る