Fatty acid composition of the plasma lipids in Greenland Eskimos.

Gas-liquid chromatography analyses have been carried out to investigate the composition of esterified fatty acids in the plasma lipids in 130 Greenland Eskimos, compared with those of 32 Greenland Eskimos living in Denmark and of 31 Caucasian Danes in Denmark. While the Eskimos living in Denmark did not differ substantially from other persons living in Denmark and, from what is found in other studies in Western communities, the Greenland Eskimos showed a completely different pattern. They demonstrated a much higher proportion of palmitic, palmitoleic, and timnodonic acids, while they had a markedly lower concentration of linoleic acid. The total concentration of polyunsaturated fatty acids was lower in Greenland Eskimos than in the other
groups. These findings are discussed in the light of the getıerally accepted opinion of the beneficial
effect on plasma lipid levels and on the morbidity of coronary atherosclerosis of a high dietary intake
of polyunsaturated fatty acids. As plasma lipid and lipoprotein levels in Greeland Eskimos in a
previous study were found markedly lower than those found in Western populations, and as
coronary atherosclerosis seems to occur far less commonly among Eskimos in Greenland than
among peoples in industrialized countries, it was found difficult to combine these observations with
the results from the present study. If dietary differences are the main reason for the differences in
plasma lipid concentrations, the results from the present study point more toward qualitative than
toward quantitative differences in respect of fatty acid composition of the food.

和訳
「グリーンランドエスキモーにおける血漿脂質の脂肪酸組成」

ガス-液体クロマトグラフィー分析により、グリーンランドエスキモー130人の血漿脂質中のエステル化された脂肪酸の組成を調査し、デンマークに住むグリーンランドエスキモー32人、及びデンマークの白人デンマーク人31人のものと比較した。デンマークに住むエスキモーは、デンマークに住む他の人々、及び西洋諸国における他の研究で見られたものと実質的に差はなかったが、グリーンランドエスキモーは全く異なるパターンを示した。彼らは、パルミチン酸、パルミトレイン酸、及びチムノドン酸の割合が著しく高い一方、リノール酸濃度は著しく低かった。多価不飽和脂肪酸の総濃度は、グリーンランドエスキモーでは他のグループに比べて低かった。これらの知見は、多価不飽和脂肪酸の高摂取量は血漿脂質レベル及び冠動脈アテローム性動脈硬化症の罹患率に有益な効果を及ぼすという、一般に認められた見解に沿って議論されている。過去の研究ではグリーンランドエスキモーの血漿脂質及びリポタンパク質のレベルが西洋人に見られるよりも著しく低かったこと、及びグリーンランドエスキモーの間では冠動脈アテローム性動脈硬化症の発生が、先進国の人々の場合よりもはるかに少ないことから、これらの観察を今回得られた結果と結びつけることは困難であった。血漿脂質濃度の差の主要な理由が食物の違いであるとすると、今回の研究から得られた結果は、食品中の脂肪酸組成に量的な違いよりもむしろ質的な違いがあることを示している。

このページの先頭へ戻る