The potential use of propolis as a cariostatic agent and its actions on mutans group streptococci

Propolis is a resinous substance made by bees. It possesses many biological activities, and many studies have reported its potential application in the control of dental caries. However, variability in the chemical composition of propolis is a potential problem in its quality control, especially since propolis has already been incorporated into products for oral use. Therefore, a critical analysis of the available data on propolis is warranted. The present review discusses the in vitro and in vivo studies published in the period between 1978 and 2008 regarding the effects of propolis on Streptococcus mutans growth, bacterial adherence, glucosyltransferase activity, and caries indicators. Several investigations carried out with crude propolis extracts, isolated fractions, and purified compounds showed reductions in Streptococcus mutans counts and interference with their adhesion capacity and glucosyltransferase activity, which are considered major properties in the establishment of the cariogenic process. Data fromin vivo studies have demonstrated reductions in Streptococcus mutans counts in saliva, the plaque index, and insoluble polysaccharide formation. These findings indicate that propolis and/or its compounds are promising cariostatic agents. However, the variation in the chemical composition of propolis due to its geographical distribution is a significant drawback to its routine clinical use. Thus, further studies are needed to establish the quality and safety control criteria for propolis in order for it to be used in accordance with its proposed activity.

和訳
「プロポリスの抗う蝕剤としての使用可能性と、ミュータンス群連鎖球菌に対するその作用」

プロポリスは、ミツバチによって作られる樹脂状物質であり、多くの生物学的活性を有している。多くの研究が、虫歯の制御におけるプロポリスの応用可能性を報告している。しかし、プロポリスの化学組成の変動は、とりわけプロポリスが既に口腔用途の製品に組み込まれていることからも見ても、品質管理における潜在的な問題である。従って、プロポリスについての利用可能なデータを批判的に分析することが必要である。本総説は、1978年から2008年までの間に発表された、ストレプトコッカス•ミュータンス(Streptococcus mutans)の増殖、細菌付着、グルコシルトランスフェラーゼ活性、及び虫歯指標に対するプロポリスの効果に関するインビトロ及びインビボの研究について議論する。プロポリス粗抽出物、単離画分、及び精製化合物を用いて行われたいくつかの調査は、ストレプトコッカス•ミュータンス数の減少、及びう蝕原性プロセスの確立における主要な性質と考えられている菌の接着能及びグルコシルトランスフェラーゼ活性への影響を示した。インビボ試験のデータは、唾液中のストレプトコッカス•ミュータンス数、プラーク指数、及び不溶性多糖類の形成を低減することを実証した。これらの知見は、プロポリス及び/又はその化合物が、有望な抗う蝕剤であることを示している。しかし、その地理的分布によるプロポリスの化学組成変化は、日常的な臨床使用にとって重大な欠点である。従って、その提案された活性に従って使用されるには、プロポリスの品質及び安全管理基準を確立するためにさらなる研究が必要である。

このページの先頭へ戻る