Anti-atherogenic and anti-angiogenic activities of polyphenols from propolis.

Propolis is a polyphenol-rich resinous substance extensively used to improve health and prevent diseases. The effects of polyphenols from different sources of propolis on atherosclerotic lesions and inflammatory and angiogenic factors were investigated in LDL receptor gene (LDLr−/−) knockout mice. The animals received a cholesterol-enriched diet to induce the initial atherosclerotic lesions (IALs) or advanced atherosclerotic lesions (AALs). The IAL or AAL animals were divided into three groups, each receiving polyphenols from either the green, red or brown propolis (250 mg/kg per day) by gavage. After 4 weeks of polyphenol treatment, the animals were sacrificed and their blood was collected for lipid profile analysis. The atheromatous lesions at the aortic root were also analyzed for
gene expression of inflammatory and angiogenic factors by quantitative real-time polymerase chain reaction and immunohistochemistry. All three polyphenol extracts improved the lipid profile and decreased the atherosclerotic lesion area in IAL animals. However, only polyphenols from the red propolis induced favorable changes in the lipid profiles and reduced the lesion areas in AAL mice. In IAL groups, VCAM, MCP-1, FGF, PDGF, VEGF, PECAM and MMP-9 gene expression was down-regulated, while the metalloproteinase inhibitor TIMP-1 gene was up-regulated by all polyphenol extracts. In contrast, for advanced lesions, only the polyphenols from red propolis induced the down-regulation of CD36 and the up-regulation of HO-1 and TIMP-1 when compared to polyphenols from the other two types of propolis. In conclusion, polyphenols from propolis, particularly red propolis, are able to reduce atherosclerotic lesions through mechanisms including the modulation of inflammatory and angiogenic factors.

和訳
「プロポリス由来ポリフェノールの抗動脈硬化及び抗血管新生活性」

プロポリスは、ポリフェノールに富む樹脂状物質であり、健康増進及び疾患予防に汎用される。異なるプロポリスをソースとするポリフェノールのアテローム硬化性病変と、炎症性及び血管新生因子に対する効果を、LDL受容体遺伝子(LDLr−/−)ノックアウトマウスで調べた。動物には、初期アテローム性動脈硬化病変(IAL)、または進行アテローム性動脈硬化病変(AAL)を誘発するために、コレステロールに富んだ食餌を与えた。IALまたはAAL動物を3群に分け、各々に緑、赤、または茶プロポリス由来のポリフェノール(一日あたり250 mg/kg)を胃管栄養法で投与した。4週間のポリフェノール治療後、動物を屠殺し、脂質プロファイル分析のためにそれらの血液を採取した。大動脈根におけるアテローム性病変も、定量的リアルタイムポリメラーゼ連鎖反応、及び免疫組織化学により、炎症及び血管新生因子の遺伝子発現について分析した。3つのポリフェノール抽出物は全て、IAL動物において脂質プロファイルを改善し、アテローム性動脈硬化病変の面積を減少させた。しかし、赤プロポリス由来のポリフェノールのみが、AALマウスにおいて脂質プロファイルで有利な変化を誘導し、病変面積を減少させた。IAL群では、全てのポリフェノール抽出物によって、VCAM、MCP-1、FGF、PDGF、VEGF、PECAM、及びMMP-9の遺伝子発現が下方制御され、メタロプロテアーゼ阻害因子であるTIMP-1の遺伝子が上方制御された。これとは対照的に、進行病変については、赤プロポリス由来のポリフェノールのみが、他の2つのタイプのプロポリス由来のポリフェノールと比較して、CD36の下方制御と、HO-1及びTIMP-1の上方制御を誘導した。結論として、プロポリス、特に赤プロポリス由来のポリフェノールは、炎症及び血管新生因子の調節を含むメカニズムを介して、アテローム性動脈硬化病変を低減することができる。

このページの先頭へ戻る