Chemical and functional characterisation of propolis collected from East Andalusia (southern Spain).

INTRODUCTION:
Propolis is a complex mixture of natural sticky, gummy and resinous components produced by honeybees (Apis mellifera L.) from plant materials. However, phytochemical data of the Andalusian (southern Spain) propolis are scant.

OBJECTIVE:
The primary objectives of this study were to chemically characterise the compounds and evaluate the anti-oxidant activity found in 28 Andalusian propolis samples.

METHODS:
Ethanol extracts of propolis (EEP) were prepared and examined for their anti-oxidant activity by 2,2'-azinobis(3-ethylbenzothiazoline-6-sulphonic acid) and 2,2-diphenyl-1-picrylhydrazyl assays. To characterise the phenolic composition, the presence of 11 compounds was identified by HPLC analysis with photodiode array and mass spectrometric detection.

RESULTS:
All propolis samples had strong anti-oxidant activity, accompanied by high total phenolic content. The most abundant compounds were flavonoids. Concerning the phenolic compounds content, our results showed that the 75% of the samples analysed contained at least 80 mg/g of flavonoids, primarily pinobanksin 3-acetate, pinocembrin, chrysin, galangin and pinobanksin. Caffeic acid phenethyl ester was detected in almost all EEP samples but in smaller proportions (mean 12.9 ± 2.8 mg/g).

CONCLUSION:
The present investigation constitutes the first comprehensive report on the phenolics identified in southern Spanish propolis. The results revealed that the samples tested showed a high scavenging activity and therefore indicate the possible use of Andalusian propolis as an important source of natural anti-oxidants.

和訳
東アンダルシア(スペイン南部)から収集したプロポリスの化学的及び機能的特性解析

序論:
プロポリスは、ミツバチ(Apis mellifera L.)によって植物材料から産生される、天然の粘着性、ゴム状、かつ樹脂状の成分の複雑な混合物である。しかし、アンダルシア地方(スペイン南部)のプロポリスの植物化学的データは乏しい。

目的:
本研究の主目的は、アンダルシア地方のプロポリス28サンプルに見られる化合物の化学的特性を解析し、抗酸化活性を評価することであった。

方法:
プロポリスのエタノール抽出物(EEP)を調製し、2,2'-アジノビス(3-エチルベンゾチアゾリン-6-スルホン酸)アッセイ及び2,2-ジフェニル-1-ピクリルヒドラジルアッセイによって、それらの抗酸化活性を調べた。フェノール系組成物を特徴付けるために、フォトダイオードアレイ及び質量分析検出を用いたHPLC分析により、11種の化合物の存在を同定した。

結果:
全てのプロポリスサンプルは、高い総フェノール含量を伴って、強力な抗酸化活性を有していた。最も豊富な化合物はフラボノイド類であった。フェノール系化合物の含有量に関しては、我々の結果は、分析したサンプルの75%が少なくとも80 mg/gのフラボノイド類を含有し、主要なものはピノバンクシン 3-アセテート、ピノセンブリン、クリシン、ガランギン、及びピノバンクシンであることを示した。カフェイン酸フェネチルエステルは、ほとんど全てのEEPサンプルで検出されたが、割合はより低かった(平均12.9 ± 2.8 mg/g)。

結論:
今回の調査は、南スペインのプロポリス中に同定されたフェノール類に関する初めての包括的な報告を構成している。結果は、試験したサンプルは高い捕捉活性を示し、従ってアンダルシアのプロポリスは天然抗酸化物質の重要な供給源として使用できる可能性を明らかにした。

このページの先頭へ戻る