アロエベラ摂取と漢方・耳つぼ鍼灸によるメタボリックシンドローム解決への寄与

長谷川 恵:漢方薬局グレースメグサロン 薬剤師、薬膳料理研究家
八木 晟: 福山大学名誉教授、薬学博士


1.耳鍼灸の体重減量への効果
2.インスリン依存型および非依存型糖尿病におけるアロエベラの抗糖尿病症/抗高脂血症効果
3.腸内細菌叢の体重調節効果
4.アロエベラジュース摂取と健康食品併用および耳ツボによる体重調節効果
5.展望


筆者らはアロエベラジュースおよびL‐アルギニン、CoQ10、Bee‐Products健康補助食品との併用摂取での有用性の評価を、Gastroenterology and Hepatology Research(GHR)誌に報告してきた。(1‐3)その中で、アメリカでの補完代替医療(CAM)や統合医療についての最新の情報を記述した。その研究の中心となる国立衛生研究所(NIH)が推進する1つのセンター:国立補完代替医療センター(NCCAM)と2つの癌補完代替医療局(OCCAM)とダイエタリー・サプリメント局(ODS)があるが、NCCAMでは次の5つの分野の研究が行われている。

1.代替医療系分野:鍼灸・漢方などの東洋医学・チベット医学・インド医学など西洋医学とは論理体系が異なる非主流西洋医療が含まれる。
2.心身相関を利用した治療法:認知行動療法などの心理療法や瞑想・祈祷などが含まれる。
3.生物学的反応に基づいた療法:健康食品や食養療法などが含まれる。
4.手技療法や身体の構造や働きを利用した療法:カイロプラクティック・オステオパシーが含まれる。
5.エネルギー療法:身体外からの電磁波などのエネルギーを利用した療法。
なかでも、NCCAMは生薬関連や鍼灸の研究に基金を多数提供している。

このような背景から、筆者らは耳ツボ鍼灸とアロエベラジュースや健康補助食品との摂取が、健康維持(Quality of LifeやMetabolic syndrome)へどのように係わるかを検討した。それらの症例と結果について報告する。

1.耳鍼灸の体重減量への効果
アメリカNIHは代替医療法の一つとして、鍼灸・漢方を挙げているが、西洋医学でいう所のプラセボやみせかけの(sham)鍼灸といったコントロールが使用されないことから、特殊な症例への補助的な施用法と捉えられている。(4)

近年、鍼灸法は動物実験ではあるが、鍼灸・大脳経路にインスリンを介して関わることが証明された。(5)さらに、耳鍼灸は少数の前臨床研究ではあるが、ボランティアの体重減少に、そして、ペプチドホルモンのグレリンやインスリン・レベルと関わることが報告された。(6)

事実、肥満症の男性や女性はグレリンが高濃度で、且つ肥満細胞(アディポネクチン)を介して、インスリン抵抗性と関わると報告された。(7,8,9)このようにグレリン・インスリン・アディポネクチンのレベルは更年期女性の肥満と深くかかわる。(10)こうした更年期の肥満女性に対して、耳鍼灸は中国・オーストラリア人(11,12)や、イラン人(13,14)において臨床効果が認められ、さらに、耳鍼灸がアメリカ陸軍兵士に対する健康意識度調査に利用され(15)、また、アジアの若い肥満男性に実施されて体重減少効果が認められた。(16)

2.インスリン依存型および非依存型糖尿病におけるアロエベラの抗糖尿病症・抗高脂血症効果
アロエベラに含まれるアロエシンと高分子多糖体は高血糖濃度と酸化ストレスの抑制効果を示す。(17)糖尿病予備患者において、アロエベラは血糖値と脂質量の改善とアディポサイトを介した脂質抑制効果が認められ(18)、且つ、非インスリン依存性患者においても確認された。(19,20, 21)

3.腸内細菌叢の体重調節効果
Pubmedによる健康なヒトでの肥満成人と腸内細菌叢の関係についてのRCT検索は、2015年現在7つの報告のうち3つは有意な肥満抑制をもたらし、残り4報告は明快な抑制を示さなかった。(22,23)善玉菌といわれるLactobacillusやBifidobacteria菌による肥満傾向の成人の脂肪症抑制効果(24‐27)や、これらのメカニズム解析の報告がなされ(28,29)、アロエベラジュースがLactobacillus菌の増殖に寄与した。(30)

4.アロエベラジュース摂取と健康食品併用および耳ツボによる体重調節効果
漢方だけでの痩身効果はほとんど期待されなかったので、食事療法とともに、各種健康食品の併用および 耳ツボを施用して、限られた症例での体調調節についての検証を行った。表1

表1 アロエベラジュース(Avj)と健康食品及び耳ツボ(Acp)施用による体重調節効果

Avj+Kmp Avj+Pro+Arg Avj+Pro+Arg+Kmp Avj+Pro+Arg+Kmp+Acp
性別
年齢
1:女性 50 1:男性 26 1:男性 46 1:女性 40 3:女性 50
2:女性 60 2:男性 24 2:女性 18 2:女性 50 4:女性 57
before‐after before‐after before‐after before‐after
BMI 1:38.1‐31.2a 1:40.2‐36.1c 1:32.0‐29.4e 1:26.2‐22.2
(1ケ月後測定)
3:23.3‐20.0
(12日後測定)
2:25.5‐24.3b 2:46.6‐41.6d 2:20.8‐19.9f 2:23.5‐21.1
(2ケ月後測定)
4:24.4‐23.0
(30日後測定)
before‐after before‐after before‐after before‐after
血圧 1:126/70‐
100/70a
1:140/90‐
120/70c
1:130/90‐
130/90e
   1:-    3:120/60g‐ -
2:100/60‐
100/60b
2:- 2:- 2:- 4:148/70‐
128/65h

脚注
a.8ケ月後に測定 b.10日後に測定 c.10日後に測定 d.10日後に測定 e.20日後に測定
f.5日後に測定 g.12日後に測定 h.30日後に測定

略語
アロエベラジュース(Avj)、プロテイン(Pro)、アルギニン(Arg)、耳ツボ鍼灸(Acp)、漢方薬(Kmp)

材料と施用法
アロエベラジュース:Forever Living Product  Japan製アロエベラジュース(国際アロエ科学協議会,IASC, 認定品)一日当たり、Avj+Kmp 1, 100~200ml, 2, 200~300ml; Avj+Pro+Arg 1, 100ml, 2, 100ml; Avj+Pro+Arg+Kmp 1, 100ml, 2, 300ml; Avj+Pro+Arg+Kmp+Acp 1, 2, 3, 4すべて300~400mlを摂取した。

耳ツボ施用法
神門:神経を安定させる、内分泌:内分泌の調節、食道:消化器系を正常化、噴門:胃の働き正常化、
胃:胃の働き正常化、肺:食欲抑制の6つの耳ツボを金粒シールにて抑えた。

結果と考察
漢方薬だけの施用で見られなかったBMI高値のヒトの体重・体脂肪減少が、漢方薬加味逍遥散煎じ薬とアロエベラジュースの併用摂取(Avj+Kmp)で認められた。ここで、2の女性は当初,降圧剤と抗糖尿病薬を服用していたが、帰脾湯煎じ薬施用10日後は降圧剤・抗糖尿病薬の服用を中止しても安定した血圧・血糖値を1年間維持した。
アロエベラジュースと健康食品併用(Avj+Pro+Arg),さらに、男性(防風通聖散錠剤)・女性(当帰芍薬散錠剤)の漢方薬(Avj+Pro+Arg+Kmp)の服用に対し、ともに有効であった。そして、さらに耳ツボを施用した(Avj+Pro+Arg+Kmp+Acp)では、更年期前中期の婦人科トラブル、肩こりや浮腫、に対して著効を呈した。ここで、1.の女性は桂枝茯苓丸、2.の女性は加味逍遥散煎じ薬、3.の女性は加味逍遥散煎じ薬、4.の女性は加味逍遥散錠剤をそれぞれ服用した。
アロエベラジュースと健康食品の摂取で腸内環境が改善され、且つ漢方薬と耳ツボの併用は、更年期前中期の身体調節機能改善に有効であった。

5.展望
食養としての植物フェノール類やポリフェノール性健康補助食品は、炭水化物や脂質の代謝を調和し、高血糖症、高脂血症やインスリン抵抗性を減衰し、肥満細胞からなる組織での代謝を改善し、さらに、酸化ストレスとそれに続くストレス信号の経路や炎症過程を緩和軽減する。アロエベラゲル部に含まれるフェノール性植物成分として、バルバロイン(10ppm以下)、アロエシンやサリチル酸塩などは、アロエ高分子多糖体やオリゴ糖とともに、特に糖尿病患者予備軍におけるインスリン感受性の強化を目的に研究されてきた。(31)

メタボリックシンドロームとインスリン抵抗性との関係は、前者が古く「インスリン抵抗性症候群」とも呼ばれたことがあるように、その病態は以下の4つの因子を示すことから説明される。

1.腹部肥満:腹部脂肪細胞が中性脂肪の蓄積とともに悪玉化し、悪玉アディポサイトカインを分泌して、インスリン抵抗性を招き、症状の悪化とともに腹部肥満をもたらす。
2.高脂血症:インスリンは糖代謝ばかりでなく脂質代謝においても多彩な役割をはたし、脂肪細胞において蓄えられた中性脂肪の分解を抑制するが、インスリン抵抗性になると、その抑制が解かれ、中性脂肪が遊離脂肪酸とグリセロールとなって血中に放出され、高遊離脂肪酸血症、さらには高脂血症となる。
3.高血圧:インスリン抵抗性が形成されると、代償性の高インスリン血症となり、交感神経を刺激し、中枢を介して血管を収縮させ、その結果血圧は上昇する。
4.高血糖:インスリン抵抗性と高血糖。

このようにメタボリックシンドロームの中心の鍵となるのはインスリンの働きである。(33,34) その意味でインスリンに対する感受性を保ち、インスリン抵抗性の発現を防ぐことが重要となる。インスリン抵抗性はその性質上、疾患として発症する前に対応することが望ましく、その意味で、内臓脂肪の減少を目指した生活習慣の是正、食事療法や運動療法とともに、本研究はアロエベラジュース(IASC認定品)と健康食品や漢方薬の日常的摂取が腹部肥満を抑えることに寄与して、インスリン抵抗性を改善し、さらに耳ツボ鍼灸施用がこれを深く支援する結果を示した。

文献

1.Yagi A,Ataka S.Possible prophylaxes of aloe vera juice with L‐arginine to chronic fatigue syndrome GHR誌投稿受理済み。
2.Yagi A,Ataka S.Putative prophylaxes of aloe vera juice with CoQ10 to enhance muscle performance GHR誌投稿受理済み。
3.Yagi A,Kabbash A, Ataka S.Nature treasures:Aloe vera and Bee Products GHR誌投稿中。
4.NIH Consensus Conference.Acupuncture.JAMA.280:1518‐1524,1998.
5.Tian T,Sun Y,Wu H,Pei J,Zhang J,Zhang Y,Wang L,Li B,Wang L,Shi J,Hu J,Fan C. Acupuncture promotes mTOR‐independent autophagic clearance of aggregation‐prone proteins in mouse brain.Sci Rep.6:19714,2016.
6.Ito H,Yamada O,Kira Y,Tanaka T,Matsuoka R.The effects of auricular acupuncture on weight reduction and feeding‐related cytokines:a pilot study.BMJ Open Gastroenterol.2:e000013,2015.
7.Mason C,Xiao L,Imayama I,Duggan CR,Campbell KL,Kong A,Wang CY,Alfano CM, Blackbum GL,Foster‐Schubert KE,McTieman A.The effects of separate and combined dietary weight loss and exercise on fasting ghrelin concentrations in overweight and obese women:a randomized controlled trial.Clin Endocrinol(Oxf).82:369‐376,2015.
8.Barazzoni R.Ghrelin and insulin secretion in humans:not a tale of two hormones?Diabetes 63:2213‐2215,2014.
9.Tong J,Davis H,Summer S,Benoit SC,Haque A,Bidlingmaier M,Tschop MH,D'Alessio D. Acute administration of UAG has no effect on basal or stimulated insulin secretion in healthy humans. Diabetes 63:2309‐2319,2014.
10.Soni AC,Conroy MB,Mackey RH,Kuller LH.Ghrelin,leptin,adiponectin,and insulin levels and concurrent and future weight change in overweight,postmenopausal women.Menopause 18:296‐301,2011.
11.Hsu CH,Wang CJ,Hwang KC,Chou P,Chang HH.The effect of auricular acupuncture in obese women:a randomized controlled trial.J Womens Health(Larchmt).18:816‐818,2009.
12.Rong PJ,Zhao JJ,Li YQ,Litscher D,Li SY,Gaischek I,Zjai X,Wang L,Luo M,Lischer G.
Auricular acupuncture and biomedical research‐A promising Sino‐Austrian research cooperation. Chin J Integr Med.21:887‐894,2015.
13.Yeo S,Kim KS,Lim S.Randomised clinical trial of five ear acupuncture points for the treatment of overweight people.Acupunct Med 32:132‐138,2014.
14.Darbandi M,Darbandi S,Owji AA,Mokarram P,Mobarhan MG,Fardaei M,Zhao B,Abdi H, Nematy M,Safarian M,Parizadeh MR,Dabbaghmanesh MH,Abbasi P,Ferns G.Auricular or body acupuncture:which one is more effective in reducing abdominal fat mass in Iranian men with obesity: a randomized clinical trial.J of Diabetes & Metabolic Disorders 13:92,2014.
15.King HC,Hickey AH,Connelly C.Auricular acupuncture;a brief introduction for military providers.Military Medicine 178:867,2013.
16.Hsieh CH,Su TJ,Fang YW,Chou PH.Effects of auricular acupressure on weight reduction and abdominal obesity in Asian young adults:a randomized controlled trial.Am J Chin Med.39:433,2011.
17.Yimam M,Brownell L,Jia Q.Aloesin as a medical food ingredient for systemic oxidative stress of diabetes.World J.Diabetes 6:1097‐1107,2015.
18.Alinejad‐Mofrad S,Foadoddini M,Saadatjoo SA,Shayesteh M.Improvement of glucose and lipid status with Aloe vera in pre‐diabetic subjects:a randomized controlled‐trial.J.of Diabetes & Metabolic Disorders 14:22,2015
19.Choudhary M,Kochhar A,Sangha J.Hypoglycemic and hypolipidemic effect of Aloe vera L. in non‐insulin dependent diabetics.J Food Sci Technol.51:90‐96,2014.
20.Kim K,Kim H,Kwon J,Lee S,Kong H,Im SA,Lee YH,Lee YR,Oh ST,Jo TH,Park YI,Lee CK,Kim K.Hypoglycemic and hypolipidemic effects of processed aloe vera gel in a mouse model of non‐insulin‐dependent diabetes mellitus.Phytomedicine 16:856‐863,2009.
21.Yagi A,Hegazy S,Kabbash A,Abd‐El Wahab E.Possible hypoglycemic effect of aloe vera high molecular weight fractions.Saudi Pharmaceutical J.17:129‐136,2009.
22.Kristensen N,Pedersen O.Targeting body weight regulation with probiotics:A review of randomized trials in obese and over weight people free of co‐morbidities.Nutrition and Food Science 5:422,2015.
23.Park S,Bae JH.Probiotics for weight loss:a systematic review and meta‐analysis.Nutrition Research 35:566‐575,2015.
24.Osterberg KL,Boutagy NE,McMillan RP,Stevens JR,Frisard MI,Kavanaugh JW,Davy BM,Davy KP,Hulver MW.Probiotic supplementation attenuates increases in body mass and fat mass during high‐fat diet in healthy young adults.Obesity 23:2364‐2370,2015.
25.Sanchez M,Darimont C,Drapeau V,Emady‐Azar S,Lepage M,Rezzonico E,Ngom‐Bru C, Berger B,Philippe L,Ammon‐Zuffrey C,Leon P,Chevrier G,St‐Amand E,Marette A,Dore J, Tremblay A.Effect of Lactobacillus rhamnosus CGMCC1.3724 supplementation on weight loss and maintenance in obese men and women Br J of Nutrition 111:1507‐1519,2014.
26.Parekh PJ,Arusi E,Vinik AI,Johnson DA.The role and influence of gut microbiota in pathogenesis and management of obesity and metabolic syndrome. Front Endocrinol(Lausanne)5:47, 2014.
27.Kadooka Y,Sato M,Imaizumi K,Ogawa A,Ikuyama K,Akai Y,Okano M,Kagoshima M, Tsuchida T.Regulation of abdominal adiposity by probiotics(Lactobacillus gasseri STB2055)in adults with obese tendencies in a randomized controlled trial.Eur J.of Clinical Nutr.64:636‐643,2010.
28.Ma X,Hua J,Li Z.Probiotics improve high fat diet‐induced hepatic steatosis and insulin resistance by increasing hepatic NKT cells.J.Hepatol.49:821‐830,2008.
29.St‐Onge MB,Farnthworth ER,Savard T,Chabot D,Mafu A,Jones PJH.Kefir consumption does not alter plasma lipid levels or cholesterol fractional synthesis rates relative to milk in hyper‐lipidemic men:a randomized‐control‐trial(ISRC TN1082810)BMC Complement Altern Med.2:1,2002.
30.Nagpal R,Kaur V,Kumar M,Marotta F.Effect of Aloe vera juice on growth and activities of Lactobacillus in vitro.Acta Biomed.83:183‐188,2012.
31.Yagi A.Possible efficacy of aloe vera gel metabolites in long‐term ingestion to insulin sensitivity  Journal of GHR 3:996‐1005,2014.
32.Perry RJ,Samuel VT,Petersen KF,Shulman GI.The role of hepatic lipids in hepatic insulin resistance and type 2 diabetes.Nature 510(7503):84‐91,2014.
33.Birkenfeld AL,Shulman GI.Non‐alcoholic fatty liver disease,hepatic insulin resistance,and type 2 diabetes.Hepatology 59:713‐723,2014.

このページの先頭へ戻る