Possible Prophylactic Efficacy of Aloe Vera for γ-Ray Radiation-Induced Damages.

Aloe vera gel has been widely used for healing of burn wound and radiation-induced photo-skin damages under the duration of grade < 2 mucositis, and positive or negative response to in vivo γ-ray radiation-induced tissue alterations and a possible prophylactic efficacy of aloe vera were comparatively evaluated in the review. Since aloe verawound dressing gel reduced -ray radiation-induced skin reactions in C3H mice by daily application for at least 2-weeks beginning immediately after radiation, a possible participation of aloe polysaccharides in aloe veragel was demonstrated for γ-ray radiation-induced skin damages. In vitroand in vivo insulin permeation enhancements by aloe vera gel were clearly revealed from the viewpoint of drug delivery system, and the treatment of insulin resistant mice with the polyphenol-rich aloe vera extract diminished their insulin resistance. Modified aloe vera polysaccharides with aloe phenolic chromones, aloesin groups, decreased in insulin level observed in subjects in condition of pre-diabetic/metabolic syndrome. Therefore, the possible prophylactic efficacy of aloe vera extract for -ray radiation-induced skin damages may be resulted from synergistic effects taking place between phenolic ingredients; chromones and aloe polysaccharides as adjuvants. The pro-inflammation studies on insulin response, resistance and/or sensitivity of aloe phenolic ingredient(s) and polysaccharides are needed to confirm possible prophylactic benefits of aloe vera gel for photo/-ray radiation-induced skin damages, wound healing-and regeneration, and the prevention of age-related pathology.

和訳
「γ線放射線誘発損傷に対するアロエベラの予防効果の可能性」

アロエベラジェルは、グレード2未満の粘膜炎期間で、熱傷創、及び放射線誘発光皮膚損傷の治癒に広く使用されており、本総説では、アロエベラのインビボのγ線放射線誘発性組織変化に対する正または負の応答、及び予防効果の可能性を比較検討した。アロエベラ創傷被覆材ジェルは、C3Hマウスのγ線放射線誘発皮膚反応を、放射直後から毎日少なくとも2週間適用することにより減少させたので、アロエベラジェル中のアロエ多糖類の関与の可能性がγ線放射線誘発皮膚損傷について実証された。アロエベラジェルによるインビトロ及びインビボのインスリン透過亢進は、薬物送達システムの観点から明確に明らかにされ、インスリン抵抗性マウスを高ポリフェノールアロエベラ抽出物で処置するとインスリン抵抗性を減少させた。アロエフェノール性クロモンで修飾されたアロエベラ多糖類であるアロエシン群は、前糖尿病/メタボリックシンドローム状態の被験者で観察されるインスリン濃度を減少させた。従って、γ線放射線による皮膚損傷に対するアロエベラ抽出物の可能性のある予防効果は、アジュバントとしてのクロモンとアロエ多糖類の、フェノール成分間で起こる相乗効果に起因する可能性がある。アロエフェノール成分および多糖類のインスリン応答性および/または感受性に関するプロ炎症研究が、光/γ線放射線誘発皮膚損傷、創傷の治癒と再生、及び年齢に関連した病理の予防に対するアロエベラジェルの予防的利点の可能性を確認するために必要である。

このページの先頭へ戻る