Investigation of the anti-inflammatory potential of Aloe vera gel (97.5%) in the ultraviolet erythema test.

BACKGROUND:
Aloe vera is a natural product that is frequently used in soothing skin care products such as aftersun lotions. In the present study we aimed to explore the anti-inflammatory potential of a highly concentrated A. vera gel in the UV erythema test in vivo.

METHODS:
40 volunteers with skin types II and III were included in the randomized, double-blind, placebo-controlled, phase III monocenter study. Test areas on the back were irradiated with the 1.5-fold minimal erythema dose of UVB. Subsequently, the test areas were treated occlusively on 2 subsequent days with A. vera gel (97.5%), the positive controls (0.25% prednicarbate, 1% hydrocortisone in placebo gel and 1% hydrocortisone cream) and a placebo gel. Erythema values were determined photometrically after 24 and 48 h.

RESULTS:
A. vera gel (97.5%) significantly reduced UV-induced erythema after 48 h, being superior to 1% hydrocortisone in placebo gel. In contrast, 1% hydrocortisone in cream was more efficient than A. vera gel.

CONCLUSIONS:
In this study after 48 h the A. vera gel (97.5%) displayed some anti-inflammatory effects superior to those of 1% hydrocortisone in placebo gel. The A. vera gel tested here might be useful in the topical treatment of inflammatory skin conditions such as UV-induced erythema.

和訳
「紫外線紅斑試験によるアロエベラジェル(97.5%)の抗炎症能の検討」

背景:
アロエベラは、アフターサンローション等の鎮静スキンケア製品によく使用される天然産物である。本研究では、インビボでのUV紅斑試験により高濃度のA.ベラジェルの抗炎症能を探索することを目的とした。

方法:
肌タイプIIとIIIのボランティア40人を対象に、無作為化二重盲検プラセボ対照第III相単施設試験を実施した。背面の試験領域を、最小紅斑量の1.5倍のUVBで照射した。続いて試験領域を、A.ベラジェル(97.5%)、陽性対照(0.25%プレドニカルベート、1%ヒドロコルチゾン含有プラセボジェル、及び1%ヒドロコルチゾンクリーム)、及びプラセボジェルで照射後、2日間密閉法で処置した。紅斑値は、24及び48時間後に測光法で決定した。

結果:
A.ベラジェル(97.5%)は、48時間後のUV誘発性紅斑を減少させ、1%ヒドロコルチゾン含有プラセボジェルより優れていた。対照的に、1%ヒドロコルチゾンクリームはA.ベラジェルよりも効率的であった。

結論:
本試験では、48時間後、A.ベラジェル(97.5%)は、1%ヒドロコルチゾン含有プラセボジェルよりも優れた若干の抗炎症効果を示した。ここで試験したA.ベラジェルは、UV誘発性紅斑などの皮膚の炎症状態の局所治療に有用である可能性がある。

このページの先頭へ戻る