Aloe vera in the treatment for oral submucous fibrosis - a preliminary study.

BACKGROUND AND OBJECTIVES:
Oral submucous fibrosis (OSMF) is a potentially malignant disorder of the oral mucosa, mainly associated with the practice of chewing gutka and betel quid. The pathogenesis is obscure, and till date, no definitive therapy is available for the management of OSMF. Hence, this preliminary study was carried out to compare the efficacy of Aloe vera with antioxidants in the treatment for OSMF.

METHODS:
Twenty study subjects with OSMF were included in the study. Patients were divided into two groups. There were 10 patients in each group; group A subjects received 5 mg of aloe vera gel to be applied topically three times daily for 3 months and group B subjects received antioxidant capsules twice daily for 3 months. The results were analyzed with paired 't' test and unpaired 't' test.

RESULTS:
Aloe vera responded better in all the parameters assessed and responded in all the clinicohistopathological stages particularly in those with mild-stage clinically and early-stage histopathologically. Aloe vera showed a statistically significant reduction in burning sensation (P = 0.008), improvement in mouth opening (P = 0.02), and cheek flexibility (P = 0.01) on comparing with the antioxidant group.

INTERPRETATION AND CONCLUSION: Overall assessment of the parameters depicted that Aloe vera group showed a better treatment response compared to the antioxidants group. It reduces the burning sensation and improves mouth opening thereby enhanced the patients' compliance. It proves to be a relatively safe, can be applied topically, easily available, economical, noninvasive, and efficacious in the treatment for OSMF.

和訳
「口腔粘膜下線維症治療におけるアロエベラ - 予備研究」

背景と目的:
口腔粘膜下線維症(OSMF)は、主としてグトゥカーとビンロウジュを噛む習慣に伴う、口腔粘膜の潜在的悪性障害である。病因は不明確で、現在もOSMFの管理に利用可能な決定的な治療法はない。そこで本予備的研究を、OSMFの治療におけるアロエベラの有効性を抗酸化剤と比較するために実施した。

方法:
試験はOSMFの被験者20人を対象とした。患者は2群に分けた。各群の10人の患者であった。A群の被験者はアロエベラジェル5mgを1日3回3ヶ月間局所適用し、B群の被験者は酸化防止剤のカプセルを1日2回3ヶ月間服用した。結果は、対応のあるt検定と対応のないt検定を用いて解析した。

結果:
アロエベラは評価した全パラメータでより反応が優れ、全ての臨床病理組織学的ステージ、特に臨床的に軽度のステージと、病理組織学的に初期ステージにおいて反応した。アロエベラは、灼熱感(P =0.008)、開口の改善(P=0.02)、及び頬の柔軟性(P=0.01)において、酸化防止剤群と比べて統計的に有意な低下を示した。

解釈と結論:パラメータの全体的な評価は、アロエベラ群が、酸化防止剤群と比較してより優れた治療反応を示したことを示した。アロエベラは、灼熱感を軽減し、開口を改善し、それによって患者のコンプライアンスを高めた。アロエベラは、OSMFの治療において、比較的安全、局所適用可能、容易に入手可能、経済的、非侵襲性、かつ有効であることがわかった。

このページの先頭へ戻る