Oral administration of Aloe vera and honey reduces Walker tumour growth by decreasing cell proliferation and increasing apoptosis in tumour tissue.

Cancer is diagnosed in approximately 11 million people and is responsible for almost 8 million deaths worldwide every year. Research in cancer control has shown the importance of co-adjuvant therapies. Aloe vera may reduce tumour mass and metastasis rates, while honey may inhibit tumour growth. This study verified the influence of Aloe vera and honey on tumour growth and in the apoptosis process by assessing tumour size, the cell proliferation rate (Ki67-LI) and Bax/Bcl-2 expression at 7, 14 and 20 days after Walker 256 carcinoma implant in Wistar rats distributed into two groups: the WA group - tumour-bearing rats that received a gavage with a 670 µL/kg dose of Aloe vera and honey solution daily, and the CW group - tumour-bearing rats which received only a 0.9% NaCl solution. The effect of Aloe vera and honey against tumour growth was observed through a decrease in relative weight (%) and Ki67-LI in tumours from the WA group compared with those from the CW group. The Bax/Bcl-2 ratio increased in tumours from the WA group at all tested timepoints. These data suggest Aloe vera and honey can modulate tumour growth by reducing cell proliferation and increasing apoptosis susceptibility.

和訳
「アロエベラとハチミツの経口投与は、細胞増殖を減少させ、腫瘍組織におけるアポトーシスを増加させることによって、ウォーカー腫瘍の増殖を減少させる」

癌は毎年約1100万人で診断され、世界中で約800万人の死亡原因となっている。癌制御の研究は、コアジュバント治療の重要性を示している。ハチミツは腫瘍増殖を阻害する可能性がある一方、アロエベラは腫瘍量及び転移率を減少させる可能性がある。本研究では、アロエベラ及びハチミツが腫瘍成長およびアポトーシス過程に及ぼす影響を、Wistarラットにウォーカー256癌を移植後7、14及び20日目に腫瘍サイズ、細胞増殖率(Ki67-LI)、及びBax/Bcl-2の発現評価することにより検証した。Wistarラットは以下の2群に分けた:WA群-670μL/kg用量のアロエベラ・ハチミツ溶液の強制経口投与を毎日受けた担癌ラット、及びCW群-0.9% NaCl溶液のみを投与された担癌ラット。アロエベラとハチミツの腫瘍増殖に対する効果は、CW群と比較して、WA群での腫瘍の相対重量(%)及びKi67-LIの減少により観察した。Bax/Bcl-2比は、試験した全時点においてWA群の腫瘍で増加した。これらのデータは、アロエベラとハチミツは細胞増殖を減少させ、アポトーシス感受性を増加させることによって、腫瘍増殖を調節できることを示唆している。

このページの先頭へ戻る