Effect of Aloe vera preparations on the human bioavailability of vitamins C and E.

There are no literature references describing the effect of consumption of Aloe vera liquid preparations on the absorption of water- or fat-soluble vitamins. There is a very large population worldwide which consume vitamins and many people also consume Aloe. Thus we report the effect of Aloe on the human absorption of vitamins C and E, the most popular vitamin supplements. The plasma bioavailability of vitamins C and E were determined in normal fasting subjects, with eight subjects for vitamin C and ten subjects for vitamin E. In a random crossover design, the subjects consumed either 500 mg of ascorbic acid or 420 mg of vitamin E acetate alone (control), or combined with 2 oz of two different Aloe preparations (a whole leaf extract, or an inner fillet gel). Blood was collected periodically up to 24 h after consumption. Plasma was analyzed for ascorbate and tocopherol by-HPLC with UV detection. There was no significant difference in the areas under the plasma ascorbate-time curves among the groups sincerely due to large differences within the groups. For comparative purposes the control area was 100%. The Aloe Gel area was 304%, and Aloe Whole Leaf 80%. Only Aloe Gel caused a significant increase in plasma ascorbate after 8 and 24 h. For vitamin E, the results for the relative areas were control 100%, Gel 369%, and Leaf (198%). Only the Aloes produced a significant increase in plasma tocopherol after 6 and 8 h. Both Aloes were significantly different from the control after 8 h. Aloe Gel was significantly different from the baseline after 24 h. The Aloes slowed down the absorption of both vitamins with maximum concentrations 2-4 h later than the control. There was no difference between the two types of Aloe. The results indicate that the Aloes improve the absorption of both vitamins C and E. The absorption is slower and the vitamins last longer in the plasma with the Aloes. Aloe is the only known supplement to increase the absorption of both of these vitamins and should be considered as a complement to them.

和訳
「ビタミンC及びEのヒト生物学的利用性に対するアロエベラ製剤の効果」

アロエベラ液体製剤摂取の水溶性または脂溶性ビタミン吸収に対する効果について述べた参考文献はない。世界中で多くの人々がビタミン類を摂取しており、多くの人々はアロエも摂取している。そこで我々は、最も汎用されるビタミンサプリメントであるビタミンC及びEのヒトでの吸収に対するアロエの効果を報告する。ビタミンC及びEの血漿生物学的利用性は正常な空腹被験者を対象に、8人の被験者をビタミンC、10人の被験者をビタミンEとして測定した。無作為化クロスオーバーデザインで、被験者はアスコルビン酸500mgか酢酸ビタミンE 420mgを単独で(対照)、または2種類の異なるアロエ製剤2オンス(全葉抽出物または葉肉ジェル)と併用して摂取した。摂取後24時間まで血液を定期的に採取した。血漿を、UV検出によるHPLCにより、アスコルビン酸とトコフェロールについて分析した。血漿アスコルビン酸-時間曲線下面積には、群内の差が大きかったため、群間の有意差はなかった。比較目的のために、対照の面積は100%であった。アロエジェルの面積は304%、アロエ全葉は80%であった。アロエジェルのみが、8および24時間後の血漿アスコルビン酸を有意に増加させた。ビタミンEについては、相対面積の結果は、対照100%、ジェル369%、葉(198%)であった。アロエのみが、6および8時間後の血漿トコフェロールの有意な増加を生じた。いずれのアロエも、8時間後に対照と有意な差があった。アロエジェルは、24時間後にベースラインと有意に差があった。アロエは、両ビタミンの吸収を遅くし、対照よりも2~4時間後に最大濃度となった。2種類のアロエの間に差はなかった。結果は、アロエがビタミンC及びEの吸収を改善することを示している。アロエを用いると、吸収が遅くなり、両ビタミンは血漿中でより持続した。アロエは、これらのビタミン両方の吸収を増加させる唯一の既知サプリメントであり、これらを補完するものとして考慮されるべきである。

このページの先頭へ戻る