Evaluation of the Nutritional and Metabolic Effects of Aloe vera.

Excerpt
Aloe vera has a long history of popular and traditional use. It is used in traditional Indian medicine for constipation, colic, skin diseases, worm infestation, and infections (Heber 2007). It is also used in Trinidad and Tobago for hypertension (Lans 2006) and among Mexican Americans for the treatment of type 2 diabetes mellitus (DM; Coronado et al. 2004). In Chinese medicine, it is often recommended in the treatment of fungal diseases (Heber 2007). In Western society, Aloe vera is one of the few herbal medicines in common usage, and it has found widespread use in the cosmetic, pharmaceutical, and food industries. In the case of health, the therapeutic claims for the topical and oral application of Aloe vera cover a wide range of conditions, but few claims have been the subject of robust clinical investigation. The conditions for which clinical trials of Aloe vera have been conducted include skin conditions, management of burn and wound healing, constipation, DM, and gastrointestinal disorders.

和訳
「アロエベラの栄養及び代謝効果の評価」

抜粋
アロエベラは、広く受け入れられ、伝統的に使用されてきた長い歴史がある。便秘、疝痛、皮膚疾患、寄生虫侵入、及び感染症に対する伝統的なインド医学に使用されている(Heber 2007)。また、トリニダード・トバゴでは高血圧に(Lans 2006)、メキシコ系アメリカ人の間では2型糖尿病(DM; Coronado et al. 2004)の治療に使用されている。中国医学では、真菌性疾患の治療に推奨されることが多い(Heber 2007)。西洋社会では、アロエベラは一般的に使用される数少ない生薬の一つであり、化粧品、医薬品、食品産業において広く使用されている。健康な人の場合、さまざまな健康状態の回復効果においてアロエベラの局所塗布や経口摂取が含まれるが、アロエベラが堅牢な臨床試験の対象となったことはほとんどない。アロエベラの臨床試験が実施された健康状態には、火傷及び創傷治癒の管理などの皮膚状態、便秘、DM、及び胃腸障害がある。

このページの先頭へ戻る